ポスター発表
5月11日 12:30〜13:30
G会場  




杉山文博(筑波大)

P-37

コラーゲン誘発関節炎モデルラットの関節炎の状態について―骨の状態を中心として−
関あずさ1,曲 暁非1,弘瀬真希1,手塚美紀1,小野晃弘1,村山 寿2,藤巻洋人3(1三菱化学安科研,2呉羽化学工業,3クレハ分析センター)

P-38

オキソニン酸および尿酸負荷による高尿酸血症ラットモデルについて
薗部弘聡,入谷勝義,檜山昭夫,江幡幸子,篠原基輝,原 敦子,小林 正,木幡信彦(日本ケミファ(株))

P-39

新しい自然発症2型糖尿病モデルSDT(Spontaneously Diabetic Torii)ラットについて
篠原雅巳1,益山 拓2,正田俊之2,高橋統一2,勝田佳朋2,米田嘉重郎3,黒木昌寿4,梯 彰弘4,金澤康徳4(1鳥居薬品株式会社,2鳥居薬品褐、究所(現日本たばこ産業医薬総合研究所),3東京医大動物実験センター,4自治医大付属大宮医療センター)

P-40

APA系シリアンハムスターの特性:自然発生および糖尿病誘発時の尿蛋白の分析
稲永敏明,西田恵津子,石井寿幸,河村晴次,久和茂,吉川泰弘(東京大・農・実験動物)

P-41

カニクイザルの血液・血清生化学的測定値と肥満との関係の解析
陳楊1, 2,小野文子3,吉田高志1,吉川泰弘1、4(1感染研・霊長類センター,2正和薬品(株),3(社)予防衛生協会,4東大・農学部)




范 江霖(筑波大学)

P-42

WHHLウサギにおける動脈硬化病変の部位による差異
伊藤 隆,塩見雅志(神戸大・医・動物実験施設)

P-43

KHCウサギにおけるココア粉末の抗動脈硬化作用
野崎藍子1,伊藤冨美1,越阪部奈緒美2,藤井由美子1,仲野善久1,黒沢 亨1,局 博一3(1明治製菓(株)安全性研究所,2栄養機能開発研究所,3東京大学・農学部)

P-44

遺伝性高コレステロール血症ウサギ(KHC rabbit)の脳動脈硬化症に関する検討
図子田建二,仲野善久,脇川典子,庄司陽子,黒沢 亨,仲由武實(明治製菓(株)安全性研究所)

P-45

疾患モデル動物としてのWHHL/MIウサギ(冠状動脈疾患好発系 Watanabe Heritable Hyperlipidemic rabbit)に見られる心臓の病変について
三分一所厚司1,大場智恵子1,永田真有美1,大西忠博2(1三共(株)安全研,2三共(株)研究本部)




浅野敏彦(感染研)

P-46

赤血球置き換えSCIDマウスモデル;NOD-Scid マウスの高いヒト赤血生着性について
石原智明,佐野桂子,辻 正義(酪農大)

P-47

テネイシン欠損ヌードマウス系統の確立とヒト癌細胞の移植実験
井上 循1,平岩典子1,松崎多佳子1,吉木 淳1,日下部守昭2(1理研・実験動物室,2慈恵医大・解剖)

P-48

成長遅延症(grt)マウスの成長様式と脳下垂体細胞相の変化
小林健一1、2,佐藤美麗2,大野 香2,小林哲也2,町田武生2(1産業医学総合研究所,2埼玉大・理・生体制御)

P-49

GM1ガングリオシドーシス幼児型、成人型モデルマウスを用いた新たな治療法開発の試み
野口 章 1,長瀬裕美 1,山本美江 1,鈴木 治 1,持田慶司 1,中平美穂 1,高野 薫 1,野口洋子 1,大島章弘1,小倉淳郎1,松田潤一郎1,鈴木義之(1感染研・獣医,2国際医療福祉大)




柴原壽行(鳥取大・医)

P-50

寄生虫感染モデルとしてのスナネズミ(3)眼トキソカラ症
菅沼(清水)眞澄1,七戸和博1,林 栄治2,赤尾信明2,藤田紘一郎2(1日医大・実験動物,2東医歯大・国際環境寄生虫)

P-51

寄生虫感染モデルとしてのスナネズミの特性(4)糞線虫
七戸和博1,菅沼(清水)眞澄1,月舘説子2,赤尾信明2,藤田紘一郎2(1日医大・実験動物,2東医歯大・国際環境寄生虫)




岩倉洋一郎(東大・医科学研)

P-52

UBE2G1欠損マウスの解析
古関教孝,近藤万理,金本尚秀,急式弘之,新美正史,奥山啓司,谷口吉弘,和田津貴史,嶋田良和,谷上 信(大塚GEN研究所)

P-53

Formation of Brain Tumor and Lymphoma by VP-SV40 T Ag Transgenic Expression in Mice
Zae-Yoong Ryoo,Eun-Ju Lee,Jun-Hong Park,Jeong-Woong Lee(Laboratory Animal Center, Catholic Research Institutes of Medical Science, Catholic Medical College)

P-54

Expression of human cytochrome-P450 1B1 gene in the transgenic mice
Dae-Youn Hwang,Yong-Kyu Kim,Kab-Ryong Chae,Dong-Hwan Shin,Jin-Hee Hwang,Chae-Hung Lim,Yeon-Ju Kim,Bum-Jin Kim,Jun-Seo Goo,Jung-Sik Cho(Laboratory Animal Resources, National Institute of Toxicological Research,KFDA,Seoul,Korea)




上塚浩司(東大・農)

P-55

Sequential Changes of Proliferative Fraction of Enzyme Altered Foci in Experimental Rat Hepatocarcinogenesis
Mi-Sook Lee 1,Jin-Soo Han 2,Min-Jae Lee 3(1 Department of Pathology,2 Seoul National University College of Medicine,Laboratory Animal Research Samsung Biomedical Research Institute,3 Laboratory Animal Science Seoul Nation University College of Medicine )

P-56

マウス乳癌のリンパ節転移実験モデル作製
森本純司1,広石伸互2,谷口雄三3,前田 環4,森 浩志5(1大阪医大・実験動物センター,2 福井県立大・生物資源,3日本精化(株),4神戸常盤短大,5大阪医大・2病理)

P-57

BrlHan:WISTラットにおける背景データ収集で認められた甲状腺自然発生病変
仲野善久,庄司陽子,脇川典子,佐藤雅之,黒沢 亨,仲由武實(明治製菓(株) 安全性研究所)

P-58

光学顕微鏡から電子顕微鏡へズームアップするための試料作成法‐精巣への応用‐
久保田久代,兪小忠,大谷勝己,三枝順三(産医研)




平山和宏(東大・農)

P-59

自社継代ラットコロニーにおけるネズミコリネ菌及びコリネバクテリウム属類縁菌感染の検索
岡田栄子,藤枝光博,四宮充普,丸伝 章(大鵬薬品工業 安全性研究所)

P-60

Helicobacter apodemus sp. nov., Isolated from intestine of the Striped field mouse(Apodemus agrarius)
Woo-Jin Jeon 1,Young-Min Yun1,Kyung-Jin Roh1,Yong-Chan Lee2,Yang-Kyu Choi3,Byung-Hwa Hyun3,Chui-Kyu Kim4,Jung-Sik Cho4,Je-Kyung Seong1(1Department of Laboratory Animal Medicine,2 Medical Research Center, Department of Internal Medicine 3 Yonsei University College of Medicine KRIBB,4 KFDA)

P-61

ベトナム(256頭)及び中国(40頭)から西暦2000年に輸入したカニクイザルの赤痢アメーバの寄生率-PCRによる成績
脇坂江美,竹之下洋司((株)ケアリー和歌山研究所)




山本 博(富山医薬大)

P-62

マウスH2K遺伝子のPCR産物の系統差
久和 茂1,田口文広2,浦野 徹3,吉川泰弘1(1東大・農・実験動物,2精神神経センター,3熊大・CARD)

P-63

小腸上皮細胞間リンパ球(IEL)の分布の部位差に及ぼす腸内細菌の影響
鈴木穂高1,鄭 光一1,伊藤喜久治2,土井邦雄1(1東大・獣医病理,2東大・獣医公衆衛生)

P-64

The anti-atherogenic effect of Agastache rugosa in LDL receptor deficient mice
Jung-Joo Hong,Jae-Hak Park,Yong-Soon Lee(Laboratoy Animal Medicine, College of Veterinary Medicine, Seoul National University)

P-65

関節炎憎悪因子としての黄色ブドウ球菌表皮剥脱毒素
山崎泰助,櫻井 進,河野 稔(財・河野臨床研・分子医遺伝)




伊藤 守(実験動物中央研)

P-66

雄カニクイザルの消化管組織におけるテストステロン様免疫活性物質の存在
宮本幸子1、2,陳楊1、3,中村紳一朗1、4,山海 直1,吉田高志1,町田武生2(1国立感染研・霊長類センター,2埼大・理,3(株)正和薬品,4日獣大・獣医病理)

P-67

各種実験動物の糖蛋白質ホルモンαサブユニットの配列比較
鈴木 治,持田慶司,野口洋子,山本美江,松田潤一郎,小倉淳郎(感染研・獣医)

P-68

Effects of carbon dioxide-induced pneumoperitoneum on ventilatory efficiency in rabbits
Jin Soo Han1,Jong Sung Kim1,Hwi Yool Kim2(1 Dept. Laboratory Animal Research, Samsung Biomedical Research Institute, 2 Dept. Veterinary Surgery, College of Veterinary Medicine, Konkuk University)

P-69

THE ROLE OF bHLH TRANSCRIPTION FACTOR dHAND ON EARLY DEVELOPMENT OF SYMPATHETIC NEURONS IN MICE
CHANG Kyu-Tae 1,Chul-Ho LEE 1,Byung-Hwa HYUN 1, Yang-Seok OH 2,Byoung-Gil MEEN 1(1 Genetic Resources Center, Korea Research Institute of Bioscience & Biotechnology,2 Laboratory Animal Center, College of Medicine, Hayllm University Medical Research Center, Seoul, Korea)

 日程表に戻る