出版物にみる日本の実験動物<実験動物関係出版物> (01/5/4現在:301冊),

和書/翻訳書と洋書に分け、内容分類、著書名、著者名、発行年(初版)、出版社、定価、その他(所蔵者等)、を入力,

内容分類:1概論・総説・法規、2解剖・発生・生理・生態、3遺伝育種・繁殖生産・発生工学・遺伝子改変動物、4環境・施設・設備器材、5栄養飼料、6衛生・疾病・無菌動物等、7臨床・毒性・病理、8比較生物・各論・モデル動物、9飼育管理・実験手技・動物実験・生命委倫理、10その他,

※ソースファイルはCSV形式のテキストファイルです。行末に改行タグを付加しています。,

内容,著書名,著者名,発行年,出版社,定価,
2,實驗動物學 第一巻(大正10年第14版),五島清太郎,1900,金港堂書籍,,
2,實驗動物學 第二巻(大正10年第14版),五島清太郎,1900,金港堂書籍,,
2,實驗動物學,"谷津直秀校閲,篠原 雄(譯)",1928,大岡山書店,,
2,実験用動物解剖学 蛙編,森 於兎,ほか,1935,金原出版,,
9,動物実験の指針,岡村周諦,1941,大観堂,,
9,動物飼育試験法,中宮次郎,1942,共立出版,,
2,實験動物學(復版初版) ,五島清太郎,1949,中山書店,,
2,医学実験用動物学,松田勝一,1949,日本医書出版,,
4,環境衛生測定法,"松岡脩吉,多田井吉之介(編)",1950,南江堂,800,
2,実験用動物解剖学 第一巻 兎,津崎孝道,1954,金原出版,,
9,医学研究動物実験法,"安東洪次,田嶋嘉雄(編)",1956,朝倉書店,,
8,動物の成長─動的形態学の一面─,清水三雄,1957,北隆館,300,
4,生物実験器具と薬品,湯浅 明,1958,,,
9,動物実験手技 改訂版,小山良修,1958,協同医書,,
2,動物実験のための解剖,野村晋一,1959,,,
2,相対成長,清水三雄,1959,協同医書,,
2,シロネズミの発生・解剖・組織,"平岩馨邦,内田昭章,吉田博一",1960,中山書店,,
6,獣医微生物学,平戸勝七(編),1960,養賢堂,,
9,医学研究と動物実験,"安東洪次,野村達次",1960,朝倉書店,,
3,実験遺伝学,宇田 一,1961,北隆館,450,
9,無脊椎動物 採集・飼育・実験法,,1961,北隆館,850,
4,生物学領域における環境調節,環境調節実験室委員会(編),1962,技報堂,,
6,無菌動物,宮川正澄,1963,医歯薬出版,,
6,動物と微生物 感染と免疫ところどころ,越智勇一博士還暦記念事業会(編),1963,南江堂,,
9,実験動物飼育管理の実際,"小山良修,今泉 清,鈴木 潔,田中利男",1963,医学書院,,
2,日本人並に日本産実験動物の解剖学および生理学計数,林 香苗,1965,文京書院,,
2,動物の解剖 図説動物実習大系,入来重盛,1966,地球社,800,
2,成長の生理学,馬場一雄,1966,医学書院,,
9,実験動物腫瘍学,"宮川正澄,佐藤春郎,螺良義彦(編)",1966,朝倉書店,,
1,実験用動物学 衛生検査技師講座16,鈴木 潔,1967,医学書院,,
2,動物の解剖,下泉重吉,1967,紀元社出版,1800,
4,環境生理学,大島正光,1967,人間と技術社,1600,
9,医学生物学のための実験外科学ハンドブック,木元誠二(編),1967,医学書院,,
9,実験感染学,"宮川正澄,三橋 進,石田名香雄(編)",1967,朝倉書店,6800,
9,医学生物学のための実験外科ハンドブック,大木誠二(編著),1967,医学書院,4600,
1,前臨床実験者のための動物実験理論,,1968,新技術情報センター,,
1,前臨床実験者のための考え方と試験法の実際,,1968,新技術情報センター,,
6,嫌気性菌と嫌気性菌症,"小酒井望,鈴木祥一郎(編)",1968,医学書院,7400,
9,実験動物─取り扱いと実験手技─,奥木 実,1968,南江堂,,
1,犬の生物学,及川 弘,1969,朝倉書店,1800,
1,ヒトの生物学,丹羽小弥太,1969,協同出版,850,
6,ビニールアイソレータの組立と操作,"前島一淑,ほか",1969,,,
9,動物の麻酔 第1巻 局所麻酔,"Westhues,M., Fritsch, R.",1969,学窓社,,
9,動物の麻酔 第2巻 全身麻酔,"Westhues, M., Fritsch, R.",1969,学窓社,,
1,実験動物学─総論─,田嶋嘉雄(編),1970,朝倉書店,,
2,犬の解剖学,"和栗秀一,醍醐正之(訳),Miller, Christensen, Evans",1970,学窓社,9000,
1,実験用動物学(臨床検査技師講座 23),鈴木 潔,1971,医学書院,,
2,犬の解剖学および生理学計数表,坪井 実,1971,文京書院,,
5,動物栄養試験法,森本 宏(監修),1971,養賢堂,,
6,獣医眼科学,"Komar, G., Szutter, L.",1971,学窓社,,
1,実験動物学─各論─,田嶋嘉雄(編),1972,朝倉書店,,
6,小動物の皮膚病,"Muller, G. H., Kirk, R. W.",1972,学窓社,,
8,疾患モデル─実験医学の臨床へのアプローチ─,三木孝造(編),1972,日本臨床社,,
9,無脊椎動物採集飼育実験法,"佐藤隼夫,伊藤猛夫",1972,北隆館,,
4,生物環境調節ハンドブック,日本環境調節学会(編),1973,東京大学出版会,8500,
6,無菌動物─医学・生物学への応用─,宮川正澄,1973,医歯薬出版,,
6,猫の疾病,"板垣 博,高橋 貢,小林好作(訳),Willkinson, G. T.",1973,医歯薬出版,7000,
6,感染モデルの組み方,腸管感染研究会(編),1973,近代出版,,
9,吸入実験法,河合清之,横山栄二(編),1973,ソフトサイエンス社,,
10,動物医薬・飼料・器材便覧,,1973,学窓社,,
2,図説実験用小動物組織学 ラット,マウス,ハムスター,伊東信行,1974,新宿書房,3000,
6,医科器械学叢書 滅菌法・消毒法 第1集,"綿貫 吉吉,實川佐太郎,榊原欣作(編)",1974,文永堂,3500,
6,医学最近同定の手引 第2版,,1974,近代出版,,
7,腫瘍免疫学,"小林 博,橘 武彦(編)",1974,朝倉書店,,
2,猫の解剖学,"岡野真臣,牧田登之,見上普一,和栗秀一(訳),Crouch, J. E.",1975,学窓社,25000,
6,医科器械学叢書 滅菌法・消毒法 第4集,"綿貫 吉吉,實川佐太郎,榊原欣作(編)",1975,文永堂,3900,
9,動物実験手技,"藤井儔子,小山良修",1975,協同医書出版,,
9,新しい毒性試験と安全性の評価,"白須泰彦,松岡 理(編)",1975,ソフトサイエンス社,,
10,一獣医研究者の歩み,中村惇治,1975,岩波書店,,
1,スンクス─実験動物としての食虫目トガリネズミ科動物の生物学─,"近藤恭司(監修),織田銑一,鬼頭純三,太田克明,磯村源蔵(編)",1976,学会出版センター,,
1,実験用ビーグルの研究,福井正信,友田 勇,上田雄幹(編),1976,ソフトサイエンス社,,
6,犬と猫の泌尿器病,"Osborne, Low, Finco",1976,医歯薬出版,,
6,家畜感染症 上,"波岡茂郎,大島 慧(監訳)",1976,医歯薬出版,,
6,医科器械学叢書 滅菌法・消毒法 第3集,"綿貫 吉吉,實川佐太郎,榊原欣作(編)",1975,文永堂,3800,
7,実験動物の臨床生化学データ─病理組織像との関連─,"長瀬すみ,田中寿子",1976,ソフトサイエンス社,,
7,毒性試験法 解説と評価:問題点,日本衛生技術研究会,1976,,,
9,獣医麻酔ハンドブック,獣医麻酔研究会(編),1976,学窓社,,
9,ME選書3医用電子・生体工学実験法2 動物編,林 秀生,1976,コロナ社,,
1,"実験用ウサギの生物学─繁殖,疾病と飼育管理─","板垣 博,大倉永治,伊藤昭吾,北村佐三郎(訳)",1977,文永堂,28000,
1,実験動物学─技術編─,田嶋嘉雄(編),1977,朝倉書店,,
1,生物・医学実験学─実験動物の生物学,中村経紀,奥木 実,1977,北隆館,,
2,兎の解剖図譜,"望月公子(訳),Barone, R., Pavaux, C., Blin, P. C., Cuq, P",1977,学窓社,9800,
2,犬のX線解剖,北 昂(監訳),1977,医歯薬出版,,
2,成長の生物学,山岸 宏,1977,講談社,,
3,犬の繁殖生理,星 修三,1977,文永堂,4500,
6,実験小動物の感染病─細菌感染・ウイルス感染・寄生虫病─,"藤原公策,中川雅郎,石井俊雄,高垣善男(編)",1977,ソフトサイエンス社,,
1,実験動物の開発,田嶋嘉雄(編),1978,医歯薬出版,,
1,実験用ウサギの生物学,繁殖疾病と飼育管理,"板垣 博,ほか(訳),Weisbroth, S. H. et al.",1978,文永堂,,
2,動物実験解剖の指針,岡村周諦(編),1978,風間書房,,
2,目でみるネコの局所解剖学,"坪井 実,ほか(訳),Field, H. E. & Taylor, M. E.",1978,廣川書店,,
2,ラットとマウスを用いた行動発達研究法,関口茂久,1978,誠信書房,,
3,集団遺伝学,向井輝美,1978,講談社,3500,
4,"動物実験施設作品集─その設計と管理,運営─","吉田明,高橋 弘,佐藤善一",1978,ソフトサイエンス社,24000,
4,79/’80動物実験用機器総覧,企画編集室(編),1978,ソフトサイエンス社,5000,
6,実験動物のための無菌動物技術,"前島一淑,柏崎 守,上村文雄(編)",1978,ソフトサイエンス社,3000,
6,魚の感染症,江草周三,1978,恒星社恒星閣,8800,
6,家畜感染症 上,"波岡,大島(監修)",1978,医歯薬出版,,
6,家畜感染症 下,"椿原,大島(監修)",1978,医歯薬出版,,
8,実験動物からヒトへの外挿-その考察と資料-1978年版,松岡 理(編),1978,ソフトサイエンス社,23000,
9,環境大気汚染研究のための吸入実験法,"河合清之,横山栄二(編)",1978,ソフトサイエンス社,,
1,実験動物学概論,"田嶋嘉雄,前島一淑,江崎孝三郎,藤原公策、沢崎 坦",1979,朝倉書店,,
1,寄生虫・衛生動物・実験動物,"柳沢十四男,井上義郷,中野健司",1979,講談社,,
6,獣医臨床寄生虫学,獣医臨床寄生虫編集委員会(編),1979,文永堂,,
6,医科器械学叢書 滅菌法・消毒法 第2集,"綿貫 吉吉,實川佐太郎,榊原欣作(編)",1979,文永堂,,
8,疾患モデル動物ハンドブック,"川俣順一,松下 宏(編)",1979,医歯薬出版,,
8,豚病学─生理・疾病・飼養─,"熊谷哲夫,ほか(編)",1979,近代出版,,
8,ヌードマウス─その免疫生物学─,"南一守,伊藤昌彦(訳),Rygaad. J.",1979,近代出版,,
8,ヒトの癌と動物モデル 癌の科学4,"太田,山本,ほか(編)",1979,,,
9,実験動物の飼育管理と手技,"今道友則(監修),高橋和明,信永利馬(編)",1979,ソフトサイエンス社,13000,
9,前臨床試験における動物実験規範,鈴木勝士(訳),1979,ソフトサイエンス社,,
1,実験動物の管理と使用に関する指針,"野村達次,鍵山直子(監訳)",1980,ソフトサイエンス社,1200,
1,実験動物からヒトへの外挿-その考察と資料-1980年版,松岡 理(編),1980,ソフトサイエンス社,23000,
1,実験動物の飼養及び保管等に関する基準の解説,"総理府内閣総理大臣官房管理室(監修),実験動物飼育保管研究会(編)",1980,ぎょうせい,,
1,鳥の飼育と疾病,"宮川知典,関根尚武(訳),Kronbergaer, H.",1980,学窓社,,
2,カラーアトラス ラットの解剖,"嶋田和世,西村陽三(訳),Olds, J. R.",1980,廣川書店,,
2,猫のX線解剖,北 昂(監訳),1980,学窓社,,
2,カラーアトラス犬の外科解剖,北 昂(監訳),1980,医歯薬出版,,
2,比較心臓学,澤崎 坦,1980,朝倉書店,7800,
2,数量生物学のすすめ,稲垣 新,1980,講談社,,
3,Cytogenetics of the Black Rat,Tosihide H. Yoshida,1980,東京大学出版会,,
5,小動物を用いる栄養実験,"細谷憲政,印南 敏,五島孜郎(編)",1980,第一出版,,
6,実験動物衛生管理のための消毒と滅菌,"前島一淑,松本恒弥,高垣善男,加藤英一",1980,ソフトサイエンス社,,
6,微生物によるバイオハザードとその対策,岩田和夫(編),1980,ソフトサイエンス社,,
6,町内菌の世界 嫌気性菌の分離と同定,光岡知足(編),1980,叢文社,,
6,マイコプラズマ図説,佐々木正五(編),1980,東海大学出版会,,
6,魚病学,"佐野徳夫(訳),Roberts, R. J.",1980,文永堂,,
7,実験動物の病理組織─その検査法と観察の要点─,"榎本 真,林 裕造,田中寿子(編)",1980,ソフトサイエンス社,19000,
7,家畜血液図説,家畜血液図説編集委員会(編),1980,チクサン出版,,
7,薬物と行動─こころとくすりの作用─,田所作太郎,1980,ソフトサイエンス社,4500,
9,GLPに適合する安全性試験のやり方,高垣善男,1980,アイシス出版部,,
9,環境変異原実験法,"田島弥太郎,賀田恒夫,外村 晶,近藤宗平",1980,講談社,,
9,毒性試験ハンドブック,"白須泰彦,吐山豊秋(編)",1980,フジ・テクノシステム,,
1,非臨床試験標準操作手順書 上 毒性学編,"Paget, G. E., Thomson, R.(監修)",1981,清至書院,,
1,非臨床試験標準操作手順書 下 病理学編,"Paget, G. E., Thomson, R.(監修)",1981,清至書院,,
2,犬の解剖の手引き,"Evans, H. E., Delahunta, A.",1981,学窓社,,
2,犬の解剖学,"和栗秀一,ほか(訳),Miller, M. E.",1981,学窓社,,
2,日本動物解剖図説,広島大学生物学会(編),1981,森北出版,,
3,哺乳動物の初期発生 基礎理論と実験法,"妹尾左知丸,加藤淑裕,入谷 明,鈴木秋悦,館 鄰(編)",1981,理工学社,12000,
4,建築設備概論,吉田 燦,1981,彰国社,,
6,バイオハザード対策ハンドブック,"大谷 明,内田久雄,北村 敬,山内一也(編)",1981,近代出版,15000,
7,実験動物の血液学,"関 正利,平嶋邦猛,小林好作(編)",1981,ソフトサイエンス社,,
7,実験動物の臨床化学,谷本義文,1981,清至書院,,
8,実験用ビーグルの研究,"福井正信,友田 勇,上田雄幹(編)",1981,ソフトサイエンス社,,
8,実験動物としての魚類,江上信雄(編),1981,ソフトサイエンス社,,
8,医学・生物学研究のためのネコ,"中野健司,前島一淑(編)",1981,ソフトサイエンス社,,
9,初心者のための動物実験手技─マウス・ラット─,鈴木 潔(編),1981,講談社,3300,
9,図説 動物実験の手技手法(蛋白質核酸酵素 別冊No.24),"緒方規矩雄(監修),井上 正,松本一彦(編)",1981,共立出版,,
9,長期動物実験─設問形式118問─,"高垣義男,坂口 孝,鍵山直子",1981,清至書院,16800,
1,実験動物学,猪 貴義,1982,養賢堂,,
1,動物六法(昭和57年版),内閣総理大臣官房管理室 環境庁自然保護局鳥獣保護課(編),1982,ぎょうせい,4500,
2,実験生殖生理学の展開,動物モデルの視点から,鈴木善祐(編),1982,ソフトサイエンス社,12000,
6,目でみる実験動物の病気─ウイルス・細菌・原虫・寄生虫病,"武藤 健,中川雅郎",1982,ソフトサイエンス社,18500,
6,人畜共通伝染病,"村上 一,勝部泰次,影井 昇,丸山 務",1982,近代出版,,
6,動物病名辞典,"波岡茂郎,伊沢久夫(編)",1982,養賢堂,,
6,滅菌器・装置の構造とメンテナンス 上巻,高松和男,1982,シー・エム・シー,,
6,滅菌器・装置の構造とメンテナンス 上巻─評価から滅菌校歌の判定まで─,高松和男,1982,シー・エム・シー,,
7,血液学─ヒトと動物の接点─,谷本義文,1982,清至書院,,
7,毒性生化学 分子レベルからみた毒性の解析,"Hodgson, E., Guthrie, F. E.",1982,ソフトサイエンス社,,
8,自然発症疾患モデル動物の開発と利用,松下 宏(編),1982,清至書院,,
8,疾患モデル動物ハンドブック No.2,"川俣順一,松下 宏(編)",1982,医歯薬出版,,
8,人癌とヌードマウス,下里幸雄,玉置憲一(編),1982,医歯薬出版,7800,
8,神経・筋疾患モデル動物,"京極方久,安倍千之(編)",1982,医歯薬出版,3500,
8,内分泌実験講座 第2巻 内分泌動物実験法,"鎮目和夫,井村裕夫,矢内原 昇(編)",1982,講談社,5800,
9,動物保定と取扱い,"Flowler, M. E.",1982,文永堂,,
1,実験動物ハンドブック,"長沢 弘,藤原公策,前島一淑,松下 宏,山田淳三,横山 昭(編)",1983,養賢堂,,
1,医動物学・実験用動物学(新臨床検査技師講座13),"赤尾信吉,江崎孝三郎",1983,医学書院,3000,
2,ラットの解剖図譜,"望月公子(監訳),Greene, E. C.",1983,学窓社,,
3,実験動物の遺伝的コントロール,"近藤恭司(監修),富田 武,江崎考三郎,早川純一郎(編)",1983,ソフトサイエンス社,9500,
4,実験動物施設の建築および設備(昭和58年版),実験動物施設基準研究会(編),1983,清至書院,絶版,
4,空気調和のための空気清浄,"早川一也,都築正和(監修)",1983,ソフトサイエンス社,,
6,韓国型出血熱,腎症候性出血熱,"山本祐夫(監訳),李文鎬",1983,近代出版,,
6,本邦における人獣共通寄生虫症,"林 滋全,ほか(編)",1983,文永堂,,
7,実験動物とヒトの血液・臨床生化学検査値集(1981年版),"石井 暢,吐山豊秋,坂口 孝(訳),Mitruka, B. M., Rawnsley, H. M.",1983,清至書院,,
7,新しい皮膚の生理と安全性 接触化学物質の毒性評価,"高瀬吉雄,ほか(編)",1983,清至書院,,
8,ゴキブリ学実験ガイド,"宇尾淳子,遠藤泰久(訳),W. J. Bell",1983,蒼樹書房,2500,
9,初心者のための動物実験手技 ・─モルモット・ウサギ─,鈴木 潔(編),1983,講談社,3500,
1,実験動物学への招待,川俣順一(編),1984,蟹書房,,
1,実験医学のめざす外挿─実験動物からヒトへ─,"戸部満寿夫,堀内茂友(編)",1984,清至書院,,
1,開発途上の実験動物,"高垣善男,鈴木 潔(編)",1984,清至書院,,
1,GLP基準および毒性試験法ガイドライン解説,厚生省薬務局審査課(監修),1984,薬事日報社,,
3,哺乳類の発生工学,NAMEの会(編),1984,ソフトサイエンス社,9500,
5,実験動物飼料学序論,永井康豊,1984,ソフトサイエンス社,3800,
6,実験動物施設の微生物コントロールとその実際,"中川雅郎,松本恒弥,鍵山直子(編)",1984,清至書院,17000,
6,家畜の心疾患,"澤崎 坦,ほか",1984,文永堂,,
6,獣医臨床寄生虫学,獣医寄生虫学編集委員会(編),1984,文永堂,,
6,魚の感染症,江草周三,1984,恒星社厚生閣,,
8,難治疾患のモデルと動物実験,京極方久(編),1984,ソフトサイエンス社,22000,
8,動物種差と外挿,"松岡 理,小林定喜(訳),Calabrese, E. J.",1984,ソフトサイエンス社,23000,
8,実験動物学ラット,"石橋正彦,高橋寿太郎,菅原七郎,安田泰久",1984,講談社,7500,
8,図説・薬理学のための病態度物モデル,"小澤 光,小倉保己,木皿憲佐,信永利馬(編)",1984,西村書店,15000,
9,Q&A 動物実験の要点─長期動物実験編─,"高垣善男,坂口 孝,鍵山直子",1984,清至書院,,
1,実験動物学総論,"石橋正彦,高橋寿太郎,菅原七郎,安田泰久(編)",1985,講談社,3900,
1,ウサギと齧歯類の生物学と臨床医学,"今道友則(監修),Harkness, J. E. and Wagner, J. E",1985,養賢堂,,
1,1985年版 実験動物の管理と使用に関する指針,"野村達次,鍵山直子(監訳)",1985,ソフトサイエンス社,1500,
1,スンクス 実験動物としての食虫目トガリネズミ科動物の生物学,織田銑一,ほか(編),1985,学会出版センター,19000,
2,新版 犬の解剖学(改訂増補),"望月公子(監訳),Miller, M. E., Christensen, G. C., Evans, H. E.",1985,学窓社,,
4,実験動物の環境と管理,山内忠平,1985,出版科学総合研究所,,
6,実験動物感染病学,藤原公策(編),1985,ソフトサイエンス社,18000,
6,Q&A 実験動物の病気と衛生,"鍵山直子,大島 慧,中川雅郎",1985,清至書院,5500,
6,犬と猫のウイルス病,"臼井和哉,ほか(編)",1985,学窓社,,
6,魚病学 感染症・寄生虫病編,江草周三(編),1985,恒星社厚生閣,,
8,血管炎の疾患モデル,"京極方久,他(編)",1985,医歯薬出版,,
8,関節炎モデル,"京極方久,他(編)",1985,医歯薬出版,,
8,新薬開発のための動物モデル利用集成,"伊藤隆太,高橋 貢,本田西男(編)",1985,R&Dプランニング,48000,
8,リプロダクション実験マニュアル,"飯塚,入谷,鈴木,館(編)",1985,講談社,4800,
9,初心者のための動物実験手技 ・─イヌ・ネコ─,鈴木 潔(編),1985,講談社,4500,
1,1985年版 実験動物の管理と使用に関する指針,"鍵山直子,野村達次(監訳)",1986,ソフトサイエンス社,1500,
1,実験動物としての魚類,江上信雄(編),1986,ソフトサイエンス社,,
1,新実験動物学,"前島一淑,江崎孝三郎,篠田元扶,山内忠平,光岡知足,菅野 茂,辻 勝,土井邦雄",1986,朝倉書店,4300,
1,第3の家畜─実験動物─,農林水産省畜産局家畜生産課(監修),1986,地球社,4300,
3,図説 哺乳動物の発生工学実験法,"佐久間勇次,正木淳二(監修)",菅原七郎(編),1986,学会出版センター,8500,
6,1986年版実験動物の微生物モニタリングマニュアル,"鍵山直子,伊藤豊志雄、野村達次(監訳)",1986,ソフトサイエンス社,2000,
6,町内フローラと感染症,光岡知足(編),1986,学会出版センター,,
7,カラーアトラス 実験動物組織学 ,伊東信行,1986,ソフトサイエンス社,,
9,動物実験の基本,佐藤徳光,1986,西村書店,8000,
2,動物の成長と発育,"猪 貴義,後藤信男,星野忠彦",佐藤 博(編),1987,朝倉書店,5500,
3,発生工学実験マニュアル,"野村達次(監修),勝木元也(編)",1987,講談社,9000,
6,腎症候性出血熱─感染・病態・予防,川俣順一(編),1987,医歯薬出版,,
7,毒性病理学─病変観察の基礎─,"榎本 真,赤崎兼義",1987,ソフトサイエンス社,,
7,実験動物の内視鏡検査,"丹羽寛文,岡崎幸紀(編)",1987,日本メディカルセンター,,
8,糖尿病動物 第1巻,後藤由夫(編),1987,医薬ジャーナル社,5800,
8,動物の成長と発育,"猪 貴義,後藤信男,星野忠彦,佐藤 博(編)",1987,朝倉書店,5500,
8,新基礎生化学実験法1生物材料の取扱い,"中嶋暉躬,野本明男,松橋道生,三浦謹一郎,村松正美(編)",1987,丸善,4400,
9,薬理学実験─薬理実験・毒性実験,家畜薬理学教育研究会(編),1987,文永堂出版,,
9,実験潰瘍,中沢三郎,1987,医学図書出版,,
9,小動物の輸血と輸液,"池本卵典,ほか(編)",1987,藤田企画,,
1,実験動物入門─初めて動物実験を行う人のために,"鈴木 武,輿水 馨,志村圭志郎,斎藤 洋,半田純雄,橋本一男,江崎孝三郎,須賀哲弥,山本一郎",1988,川島書店,3500,
1,実験動物学用語集,日本実験動物学会(編),1988,ソフトサイエンス社,2000,
1,実験動物の基礎と技術・総論,日本実験動物協会(編),1988,丸善,8700,
2,図説 犬の解剖学,"月瀬 東(訳),Adams, D. R.",1988,チクサン出版,8931,
3,マウス免疫遺伝学 技法と展開,"森脇和郎,Bailey, D. W.(編)",1988,ソフトサイエンス社,7000,
3,哺乳類初期胚の遺伝子操作 発生工学研究の現状と展望,"山内一也,森 庸厚(監訳), Frank Costantini, Rudolf Jaenish(ed)",1988,近代出版,,
6,マイコプラズマとその実験法,"輿水 馨,ほか(編)",1988,近代出版,,
6,実験動物施設における滅菌・消毒作業マニュアル,"前島一淑,ほか(編)",1988,ソフトサイエンス社,,
7,実験動物の血液・尿生化学,谷本義文,1988,ソフトサイエンス社,3800,
8,糖尿病動物 第2巻,後藤由夫(編),1988,医薬ジャーナル社,9500,
8,ウサギ─生殖生理と実験手技,"佐久間勇次(監修)",1988,近代出版,,
1,実験動物学事典,"藤原公策,前島一淑,宮嶌宏彰ほか(編)",1989,朝倉書店,13000,
2,実験動物 図解スナネズミの解剖,"浅川光夫,ほか(訳),Williams, W. M.",1989,藤田企画,,
3,マウス胚の操作マニュアル,"山内一也,豊田 裕,森 庸厚ほか(訳)",1989,近代出版,,
3,基礎集団遺伝学,"安田徳一(訳),James F. Crow",1989,培風館,3800,
4,実験動物施設の設計,日本建築学会(編),1989,彰国社,4900,
7,獣医麻酔の基礎と実際,"平井真哉(監修),Elisha W. Burr (ed)",1989,学窓社,,
7,"毒性試験講座 3 毒性試験法ガイドライン,GLP基準","渡辺 徹,堀内茂友(編)",1989,地人書館,,
8,糖尿病動物 第3巻,糖尿病動物研究会(編),1989,医薬ジャーナル社,11000,
8,実験動物の基礎と技術 ・総論,日本実験動物協会(編),1989,丸善,9600,
8,実験動物の生物学的特性データ,田嶋嘉雄(監修),1989,ソフトサイエンス社,18000,
8,コモンマーモセットの特性と実験利用,"野村達次(監修),谷岡功邦(編)",1989,ソフトサイエンス社,8000,
9,GLP解説,厚生省薬務局審査第一課(監修),1989,薬事日報社,4800,
1,獣医実験動物学,"光岡知足,波岡茂郎,輿水 馨,前島一淑(編)",1990,川島書店,8800,
2,動物解剖図,日本動物学会(編),1990,丸善,4800,
2,獣医解剖学,"山内昭二,ほか(訳),Dyce, K. M. et al.",1990,近代出版,,
7,毒性試験講座 1 安全性評価の基礎と実際,"林 裕造,大澤仲昭(編)",1990,地人書館,,
7,毒性試験講座 4 毒性試験に用いられる実験動物,"藤原公策,堀内茂友(編)",1990,地人書館,18000,
7,愛玩鳥の医学,"平井克哉(監修), Elisha W. Burr(ed)",1990,学窓社,,
8,糖尿病動物 第4巻,糖尿病動物研究会(編),1990,医薬ジャーナル社,16000,
1,現代の哺乳類学,"朝日 稔,川道武男",1991,朝倉書店,4900,
1,動物実験に関する指針:解説,日本実験動物学会(編),1991,ソフトサイエンス社,2500,
1,実験動物学,田嶋嘉雄(監修),1991,朝倉書店,17000,
1,EC動物実験指針,福井正信(監訳),1991,ソフトサイエンス社,,
3,分子進化遺伝学,"根井正利著 五条堀 孝,斎藤成也(訳)",1991,培風館,7910,
7,毒性試験講座 5毒性病理学,"前川昭彦,林 裕造(編)",1991,地人書館,,
7,"毒性試験講座 17 農薬,動物用医薬品",白須泰彦(編),1991,地人書館,,
9,実験動物の基礎と技術 技術編,日本実験動物協会(編),1991,丸善,7500,
9,新生化学実験講座 第19巻 動物実験法,日本生化学会(編),1991,東京化学同人,5800,
9,ホルモン実験ハンドブック1飼育手技,比較内分泌学会(編),1991,学会出版センター,,
9,ホルモン実験ハンドブック2各種溶液と顕微標本,比較内分泌学会(編),1991,学会出版センター,,
9,ホルモン実験ハンドブック3実験のモデル,比較内分泌学会(編),1991,学会出版センター,,
10,六匹のマウスから【私史】日本の実験動物・45年,野村達次,飯沼和正,1991,講談社,2300,
1,動物実験法概論,猪 貴義,1992,朝倉書店,3600,
2,日本猿の解剖図譜,牧田登之,1992,東京大学出版会,,
7,毒性試験講座 9吸入毒性,和田 攻(編),1992,地人書館,,
9,図解・実験動物技術集,日本実験動物技術者協会関西支部(編),1992,日本実験動物技術者協会,5000,
9,図解・実験動物技術集 ・,日本実験動物技術者協会(編),1992,アドスリー,8000,
2,実験動物の断面解剖アトラス(ウサギ編),"岩城隆昌、早川敏之、山下 廣",1993,チクサン出版,24467,
3,マウスからみた分子医学─遺伝子導入と標的組換え─,"村松正実,本庶 佑、尾形悦郎(監修),山村研一",1993,南江堂,2500,
8,疾患別モデル動物の作製と新薬開発のための試験・実験,,1993,技術情報協会,,
9,動物実験法・動物実験の基本,"前島一淑,長沢 弘(監修),浦野 徹(編著)",1993,養賢堂,2400,
2,イヌとネコの臨床解剖カラーアトラス,"和栗秀一(監訳),J. S. Boyd, C. Paterson, A. H. May",1994,チクサン出版,18900,
3,動物集団の遺伝学,野沢 謙,1994,名古屋大学出版会,6500,
7,"小型動物の臨床─哺乳類,爬虫類,両生類─","信永利馬,高橋和明,斎藤 學,朝倉繁春(編)",1994,ソフトサイエンス社,12000,
7,うさぎの臨床,斉藤久美子,1994,インターズー,10194,
8,疾患モデル動物─栄養学研究への応用─,"日本栄養・食糧学会(監修),木村修一,家森幸男(編)",1994,建帛社,3000,
8,疾患モデルマウス,"山村研一,勝木本也,相沢慎一(編)",1994,中山書店,8800,
9,動物実験法・麻酔と実験終了後の処理,"前島一淑,長沢 弘(監修),倉林 譲(編著)",1994,養賢堂,2600,
9,動物実験法・試料投与,採取,生体計測,"前島一淑,長沢 弘(監修),伊藤勇夫,局 博一(編著)",1994,養賢堂,1900,
9,動物実験法・生理・薬理・栄養・安全性,"前島一淑,長沢 弘(監修),安藤隆一郎(編著)",1994,養賢堂,2400,
2,犬の解剖アトラス,"牧田登之,ほか(訳)",1995,学窓社,,
5,動物栄養学,"奥村純一,田中桂一(編)",1995,朝倉書店,4000,
6,小動物寄生虫鑑別マニュアル,"今井壮一(監修)佐伯栄治、梶ヶ谷博(編)",1995,インターズー,9000,
9,医薬品GLP解説,厚生省薬務局審査課(監修),1995,薬事日報社,5500,
9,動物実験法・実験外科手技,"前島一淑,長沢 弘(監修),信永利馬(編著)",1995,養賢堂,3600,
9,動物実験法・疾患モデル動物,"前島一淑,長沢 弘(監修),笠井憲雪,板垣慎一(編著)",1995,養賢堂,3100,
9,動物実験法・特殊な実験処理,"前島一淑,長沢 弘(監修),浅野敏彦,林 正信(編著)",1995,養賢堂,3100,
4,実験動物施設の建築および設備(平成8年版),日本建築学会(編),1996,アドスリー,4800,
8,マーモセットの飼育繁殖・実験手技・解剖組織,谷岡功邦(編),1996,アドスリー,5000,
9,実験動物技術体系,日本実験動物技術者協会(編),1996,アドスリー,13000,
1,1996年(第7版)実験動物の管理と使用に関する指針,"鍵山直子,野村達次(監訳)",1997,ソフトサイエンス社,3000,
1,どうぶつたちのおはなし,"日本実験動物協会(監修)、前島一淑(編)",1997,アドスリー,2500,
1,ペットの法律相談(改定版),"長尾美夏子、小林 覚、小松初男、篠宮 晃、岩知道真吾",1997,青林書院,2730,
1,うさぎ学入門,斉藤久美子,1997,インターズー,8000,
2,実験動物の断面解剖アトラス(ラット編),"早川敏之、山下 廣、岩城隆昌",1997,チクサン出版,21000,
8,ノックアウトマウス・データブック,"黒川 清,笹月健彦(監修),野口 茂,平井久丸(編)",1997,中山書店,13000,
1,最新実験動物学,"前島一淑,笠井憲雪(編)",1998,朝倉書店,5000,
3,マウスラボマニュアル 遺伝子の導入と解析を中心に,(財)東京都臨床医学総合研究所実験動物研究部門(編),1998,シュプリンガー・フェアラーク東京,8000,
7,生検病理組織カラーアトラス,後藤直彰,1998,インターズー,20000,
7,フェレットの臨床,"小方宗次(監訳),James G. Fox",1998,インターズー,21000,
7,げっ歯類の臨床,"斉藤久美子、林 典子、岡 哲郎(訳)V. C. G. Richardson",1998,インターズー,8700,
9,ラボラトリーアニマルの麻酔─げっ歯類・犬・猫・大動物─,"倉林 譲(監訳),Flecknell, P.",1998,学窓社,9200,
1,ネズミに学んだ遺伝学,森脇和郎,1999,岩波書店,1900,
3,哺乳類の生殖生化学,"中野 實,荒木慶彦(編著)",1999,アイピーシー,22000,
6,エマージングディジーズ,"竹田美文、五十嵐 章、小島荘明(編)",1999,近代出版,10290,
7,毒性学-生体・環境・生態系-,藤田正一(編),1999,朝倉書店,9500,
7,最新・獣医診療ハンドブック,長谷川篤彦(監修),1999,インターズー,16800,
8,自然発症疾患モデル動物,"森脇和郎,樋野興夫(編)",1999,中山書店,6300,
2,小動物臨床のための機能形態学入門,"浅野隆司、浅野妃美",2000,インターズー,9870,
6,実験動物感染病の対応マニュアル,前島一淑(監修),2000,アドスリー,10500,
1, 改正動物愛護管理法-解説と法令・資料-,動物愛護管理法令研究会(編),2001,青林書院,2640,
2,実験動物の断面解剖アトラス(ラット編),"早川敏之、山下 廣、岩城隆昌",1997,チクサン出版,21000,
2,実験動物の断面解剖アトラス(ウサギ編),"岩城隆昌、早川敏之、山下 廣",1993,チクサン出版,24467,
2,図説 犬の解剖学,"月瀬 東(訳),Adams, D. R.",1988,チクサン出版,8931,
1, 改正動物愛護管理法-解説と法令・資料-,動物愛護管理法令研究会(編),2001,青林書院,2640,
6,実験動物感染病の対応マニュアル,前島一淑(監修),2000,アドスリー,10500,
1,ペットの法律相談(改定版),"長尾美夏子、小林 覚、小松初男、篠宮 晃、岩知道真吾",1997,青林書院,2730,
7,毒性学-生体・環境・生態系-,藤田正一(編),1999,朝倉書店,9500,
6,エマージングディジーズ,"竹田美文、五十嵐 章、小島荘明(編)",1999,近代出版,10290,
2,イヌとネコの臨床解剖カラーアトラス,"和栗秀一(監訳),J. S. Boyd, C. Paterson, A. H. May",1994,チクサン出版,18900,
7,最新・獣医診療ハンドブック,長谷川篤彦(監修),1999,インターズー,16800,
7,生検病理組織カラーアトラス,後藤直彰,1998,インターズー,20000,
6,小動物寄生虫鑑別マニュアル,"今井壮一(監修)佐伯栄治、梶ヶ谷博(編)",1995,インターズー,9000,
1,うさぎ学入門,斉藤久美子,1997,インターズー,8000,
7,うさぎの臨床,斉藤久美子,1994,インターズー,10194,
7,フェレットの臨床,"小方宗次(監訳),James G. Fox",1998,インターズー,21000,
7,げっ歯類の臨床,"斉藤久美子、林 典子、岡 哲郎(訳)V. C. G. Richardson",1998,インターズー,8700,
2,小動物臨床のための機能形態学入門,"浅野隆司、浅野妃美",2000,インターズー,9870,